診察室

違和感を覚えたら検査を

関節の腫れや炎症を感じたらリウマチの可能性があるので、早めに世田谷のリウマチクリニックで検査を受けましょう。自己免疫の異常によって発生する症状で、一般的な関節痛対策をしても根本から治すことはできません。日常生活の質を下げてしまう症状のため、早期発見と治療が必要となります。

治療はどのように行うか

カウンセリング

手術や放射線療法が主流

脳動静脈奇形は、未治療のまま放置しておくと脳内出血やくも膜下出血のリスクが高まる疾患です。専門医の診察を受ける、適切な治療を早急に受ける必要があります。脳動静脈奇形の治療方法には、主に3種類あります。1種類目は外科手術です。開頭手術を行うことによって、脳内にできた血管の塊を直接切除します。疾患の原因を除去するため、即効性のある治療法といえます。しかし大規模な手術が必要なため、体にかかる負担は大きいです。また血管の塊ができている位置や大きさによっては手術不可となる場合があります。事前の画像診断や血液検査のデータなどから慎重に協議する必要があります。2種類目はガンマナイフという方法です。この方法は別名「定位放射線療法」とも呼ばれています。血管の塊に照準を合わせて放射線を照射することで、塊になった血管を閉塞させます。血管の塊が比較的小さいものであればガンマナイフ単体で治療を行うことができますが、通常は外科手術と合わせて行われることが多いです。血管が閉塞するまでにおよそ半年から一年半かかりますが、体への負担が最も少ない治療法です。3種類目は血管内治療です。塊となった血管の中に、段階的に液体状の塞栓物質を入れて血管を閉塞させることで治療します。この治療法だけで完治する割合は10%程度といわれており、他の治療法と合わせて使用される場合が多いです。これら3種類の治療のほかに、脳動静脈奇形の検査結果として今すぐ治療の必要がない場合は経過観察となります。脳動静脈奇形の場合、出血リスクは常に伴うため、経過観察中でも定期的な受診と検査が必要になります。

看護師

どんな症状があるのか

後縦靱帯骨化症を発症すると、初期症状としては肩コリや手足のしびれ、脱力感などを感じます。症状が進行してくると、手先がうまく使えなくなったり、立って歩く事が困難になります。また、膀胱直腸障害が発生することもあります。末期では四肢麻痺となって寝たきりになったり、呼吸に障害が出現する可能性があります。

女医

手術の流れ

脳動静脈奇形の手術は、治療前に検査入院を行います。検査の結果、手術が必要な場合は患者様には手術内容や治療効果、リスクなどを説明して同意を得た上で行います。その後、手術に向けた入院となり、再度検査後に手術となります。

関節

日常生活での注意点

リウマチの患者様が日常生活で気をつける事は、規則正しい生活を送ってストレスを溜めないことです。また、関節に過度な負担をかけないようにすることも大切です。世田谷のリウマチ専門医の方に聞くと、より詳しく教えてもらうことができます。

カウンセリング

病院選びの基準

後縦靱帯骨化症の治療に向け、事前に様々な病院の特徴を調査し、自分の病状にあった適切な治療をしてくれる専門病院を受診することが大切です。治療では、まずは医師との信頼関係が形成が大切であるため、それが構築できなければ、セカンドオピニオンとして別の医療機関にも受診し方向性を決めていくことも大切です。