病院選びの基準

カウンセリング

自分にあった病院選び

後縦靱帯骨化症とは、頚部にある後縦靭帯という靭帯が通常の何倍も肥厚してしまい、硬くなってしまい、脊髄を徐々に圧迫してしまい手足にシビレや痛み、酷くなると麻痺症状も及ぼしてきます。そこでまず大切なのが今自分が、どの程度の後縦靱帯骨化症の病状であり進行具合がどのレベルであるのか、きちんと詳細な検査や評価および治療をしてくれる医療機関を探すことが大切となります。最新の医療機器が揃っていることだけで病院を探すのではなく、首に特化した専門病院であるのか、脊椎や脊髄に特化した専門病院であるのかなど、どこの病巣に力を入れていて症例数が多いのかも調査した後、受診へ繋げてことも同じく大切になります。また治療においては、まず自分がどこまでの治療を希望されるか、後縦靱帯骨化症の病状が生活に及ぼす悪影響の状況がどれぐらいなのかなどで方向性も変わりますが、大きなポイントとしては、保存療法で様子を見つつ、経過をみていくのか、手術を選択していくのかが分かれ道となります。いくら名医と言っても、医師のこだわりが強く、患者の意向をあまり聞き入れてくれない医療機関や説明などインフォームドコンセントあまりしてくれない医療機関は、医師と患者とで信頼関係が形成されにくいため、適切な治療に結び付きにくい可能性もあります。そんな時は、セカンドオピニオンとして、別の医療機関にも受診し、他の医師の見解も参考にし治療方針を検討して行く必要があります。このように自分の希望や意向にあった病院選びをし、後縦靱帯骨化症の治療をすることが大切です。