日常生活での注意点

関節

規則正しい生活は大事

世田谷区内の専門医からリウマチと診断された際、日常生活でも気をつけなければならないことがいくつかあります。まず一つ目は、規則正しい生活を心がけるということです。これはリウマチに限った事ではありませんが、非常に大切です。決まった時間におき、決まった時間にご飯を食べて薬を飲み、決まった時間に寝ることで体の中に一定のリズムが流れます。この事によって体への負担が少なくなり、体調を整えやすくなります。特に決まった時間に3食しっかりとご飯を食べることで、リウマチの治療に必要なお薬も規則正しく飲むことができ、症状の安定化につながります。二つ目は、ストレスを溜めないということです。リウマチにとって、ストレスは病状を悪化させる原因となるものです。実際に、大きなライフイベントや事件・事故、災害等によって症状が悪化してしまうという方もいらっしゃいます。ストレスを感じたら、友達との会話や趣味、軽い運動を通じて発散する事で、症状を悪化を防ぐことができます。世田谷の美しい街並みを散歩したり、世田谷区から電車で都心へ行き美術館で絵画鑑賞等を楽しむのもストレス発散にはちょうどいいです。三つ目は関節に過度な負担をかけないようにするということです。特に手指や手首の関節は負担がかかりやすいので要注意です。何か重いものを持つ際は両手で持つか無理せず人に頼む、水道の蛇口やドアノブの形状を変える等、少しの工夫で関節を守ることができます。しかしあまり守りすぎてしまうと、関節が固まって動かなくなってしまうことがあります。リウマチ体操などの軽運動で関節を動かし、適度な運動を心がけることも大切です。世田谷のリウマチ専門医に聞くと、より詳しい内容を教えてもらうことができます。